FC2ブログ

■アッガイ作ります

こんばんは~。

もう7月なんですね。
2020年もすでに半分が過ぎてしまったようです。笑
模型の制作はバイクのビネットにスレーヴ、アインオーガと陸ジムが完成。
良いペースですね。

で、休む間もなくアッガイ作ります。笑
作り始めた時は緊急事態宣言、外出禁止で時間ありましたからね。
acguy200412s01.jpg
なんでアッガイ?なのか。
特に理由は無いのですが、自粛中に時間があったので
家にあるジャンクBOXを漁った結果、アッガイが目に付いたという訳です。

acguy200412s02.jpg
ジャンクと言っても本当のジャンク、という事ではなくて
その昔、小学生だった子供が作ったパチ組作品群です。
以外とキレイなのですが、扱いが雑なので凹みとかあります。
それから、スミ入れペンを使ったスミ入れは邪魔でしかありません。笑

acguy200412s03.jpg
で、パーツの分解を進めたところ破損。笑
肘の関節ですが、これかなり固いですね。
なんだか、当時子供に固くてハマらないから嵌めてくれって、
頼まれた気がします。

acguy200412s04.jpg
パーツ請求も考えたんですけどね、
外出自粛で時間があるせいで再生にチャレンジすることに。
初めの難関はちぎれたボールジョイントの救出。笑
・・だったのですが、救出は断念してボール部を破壊して摘出することに。
パーツ内に残ったボールにドリルで穴あけしてボール部を摘出。笑
なかなかシンドイ作業でした。

acguy200412s05.jpg
で、今度は軸の方を補修。
ちぎれたボール部分はイエザブのボールジョイントに変更します。

acguy200412s06.jpg
直径は何ミリか忘れましたが、3ミリぐらいですかね・・。
少々固い感触なのでペーパーで少しづつ、かつ慎重にサイズを合わせます。
じゃないとまた破損してしまいします。笑

acguy200412s07.jpg
軸受けのパーツは元の軸部分に穴を空ける都合で
根元を補強しました。
ご覧の通り、隙間にプラバンを突っ込む簡単工作です。

acguy200412s08.jpg
パーツに残った軸部分を削り取ってからピンバイスで穴あけ。
難しいのは軸のセンターだしですね。
僕はいつも目測で適当に穴を空けてしまいますが、
良い方法や治具があるなら使ってみたいと思います。

acguy200412s09.jpg
実際、軸のセンターは出ていません。笑
ほんと難しいです。
ま、完成したら動かさないし。笑

で、関節の再生は無事終了です。

acguy200419s01.jpg
取りあえず、現状の破損はこの部分のみ。
実は後からまた破損するところがあります。笑
お楽しみに。


で、余談です。
参加したプカップ3のトロフィーが届きました!
主催のこばゆうさんから副賞とともにオマケまでいただきました。
プカップ3トロフィ
結果は得票同点で3人が同時優勝。笑
トロフィーって素直に嬉しいです。
本当にありがとうございました!
プカップ3のページはこちらから

プカップ3記念撮影
で、アッガイ関係ないけど参加作品のアインオーガとパチリ。
いやー、嬉しいですね。

テンション高めで次回に続きます。










それでは、また~。m(__ __)m










プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング
スポンサーサイト



■陸戦型ジム、おしまい

こんばんは~。

今年の梅雨はよく降りますね。
全く降らないのも困りますが、晴れ間が無いのも困ります。
週一程度でお願いできると丁度いいのではないかと思います。笑
もちろん、週末は晴れでお願いします。

では、6月の終わりに間に合いました。
陸ジム完成です。
gm_g_800.jpg
前回の記事も制作回顧録のようになっていますので
また同じようなことを書くかもしれませんが、何分
前回の記事を読み返すようなことはしていませんので
申し訳ありません。笑
毎回書きたい事を書きたいように書き続けております。

gm_ground_200531s009.jpg
gm_ground_200531s020.jpg
いきなり撮影関係のお話。笑
黒バックの撮影に慣れてきました。
どういうことかというと、部屋の中のどこで撮影すると
綺麗に撮影できるか、という事です。
窓の配置や照明の配置、みなさんそれぞれだと思いますが
余計な照明無しでそれなりに撮影できる場所、見つけました。笑
照明は室内のダウンライトのみ、レフ盤一枚。
とにかく楽で良い感じです。

gm_ground_200531s029.jpg
工作は毎度の基本工作にプラスして
1.肩のマウントラッチをプラバンで作った
2.胴体の上面右にブレードアンテナを作った
3.前腕のアーマーをプラバンで作り直した
というような工作をしています。

gm_ground_200531s036.jpg
なんで普段しないことをしたのかは自分なりに分かっていまして、
まずは、ずをコンRへのエントリー作品であること。
ま、コンペなのでテンションが高かった訳です。笑
この画像だと、コブシもちょっとした工作をしています。
キットのままだと真ん中が開いてカッコ悪いですからね。

gm_ground_200531s037.jpg
次にコロナの影響で外出禁止だったこと。
原因としてはこれが大きいかな。
なにしろ時間がある。笑
しかも外に出ないという確約がある。
十分な時間がある、よって余計なことをしても間に合う、
じゃあやってみよう・・みたいな感じです。

gm_ground_200531s035.jpg
腰のアーマーはふんどし下部にモールドを追加。
フロントアーマーは下部の丸モールドを作り直しています。
両サイドのマシンガンのマガジンもほんの少しですが、
塗分けると情報量が増して良いと思いました。
簡単に一手間掛けることが大事だなと、最近思います。

gm_ground_200531s032.jpg
画像は足ですが、この部分はアンクルアーマーを少々
工作しています。
あとはシリンダーの塗分けですね。
この部分は工作無用で、塗分けるだけでとても見た目が良くなるので
簡単で効果が高いと思います。

gm_ground_200531s040.jpg
バックパックは削り落としたモールド・・・
復活させるの忘れています。
リアアーマーはセンター下部を切り欠いて形状変更してます。
この工作は個人的にお気に入り。
他の陸戦ジムやガンダムを見るとここを見ちゃう。笑
コーナーの丸モールドはフロント同様作り直しています。

gm_ground_200531s041.jpg
脚、ふくらはぎは外側のカバー部分。
継ぎ目を段落ちにしてみました。
ここは面が複雑でヤスリ掛けが結構難しかった。

gm_ground_200531s083.jpg
gm_ground_200531s086.jpg
次は素ジム。笑
シールドはネオジムで接合させているのですが、
こうしてシールドを外すとなんか寂しいので
プラ材で適当にマウントラッチっぽくでっち上げ。
これもネオジムで引っ付きます。

gm_ground_200531s098.jpg
gm_ground_200531s104.jpg
最後は俯瞰です。
太ももの識別帯もお気に入りなんですが、黄色は外れですね。
ブルーかレッドにすれば良かったかな、なんて。
この感じだとウェザリングで馴染んでしまい、識別できない?笑
ちょっと分かり難いので差し色としても少し弱く感じます。
僕の識別帯は黄色一択だったので反省です。

gm_ground_200531s090.jpg
それと、塗装については前回散々書いたはずなので割愛します。

しかしこの陸ジムは楽しかったな。
マジでお気に入りです。

何が楽しかったのか、反省しながら次行きます。


参加のチャンスをくれたずをコンRの開催に感謝。



で、次はアッガイです。









それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■陸戦型ジム、ウェザリング

こんばんは~。

自粛解禁。漸くですね。
とは言っても、いきなり元通りの生活とは行きませんので
ぼちぼちでしょうか。

この自粛期間中は外出できないことが模型時間の
確保につながり、近年まれにみる模型作業の進行。
何はともあれ、楽しい模型の時間を過ごせたことには感謝、ですね。

jm_ground200530s37.jpg
陸ジムですが、ようやく完成です。
本日は基本塗装後のウェザリングについて書いていきます。

jm_ground200525s01.jpg
という訳で、少し戻りましてウェザリングスタート。
初めはウェザリングカラーのグランドブラウンでピンポイントに
汚れを着けていきます。

僕の場合はウェザリングカラーはビンをよく振ってから使います。
ただし、そのままだと濃すぎるのでソルベントで希釈してます。

jm_ground200526s06a.jpg
モールドのコーナー部分やパーツのコーナーなど、
雨垂れが付きそうだったり、汚れが滲みそうな部分に
面相筆で塗っていきます。
塗った部分は別の筆、ソルベントで湿らせた面相筆の
筆先で軽く叩くように滲ませていきます。
*ここはウェザリングカラーが乾く前にやった方が良いと思います。
乾いてしまうとコントロール不能です。笑

jm_ground200528s01.jpg
汚した部分と汚れていない部分の差が大きいので
全体を馴染ませるためにフィルターを掛けます。

*この工程は全工程が乾いてからしないと先ほど汚したところが
溶け出してしまうので乾いてから塗布をお勧めします。

使用したのは先ほど同様、ウェザリングカラーのグランドブラウン。
かなり薄くして全体を平筆で塗っていきます。

jm_ground200528s02a.jpg
全体的に暗くなりますが、汚れは馴染んだと思います。
むしろ汚れがぼんやりしてしまったのですが、大丈夫。笑
もう一回汚せばいいんです。
重ねる場合は乾いてからね。

jm_ground200529s05a.jpg
初めに汚した部分に再度面倒筆でグランドブラウンを塗っていきます。
ぶっちゃっけ、1回目よりも発色が良くなっているので、
気の済む濃さに調整しながら塗っていきます。
ぼかしも出来ます。

だいぶ雰囲気良くなってきましたね。

jm_ground200530s16a.jpg
で、次はさらに情報量を上げるためにもう一色追加。
今回はラストオレンジを追加しました。

陸ジムの場合は本体カラーがオレンジとセールカラー。
セールカラーは白と黄色を足したような色なので
ラストオレンジにしました。
ステインブラウンでも良い感じになると思いますが、
グランドブラウンと近いので今回はパス。

という事で、ラストオレンジを汚れた部分の上から
ぼかしながら馴染ませて塗っていきます。
色が重なって思ったよりも良い感じになりました。

jm_ground200530s19a.jpg
次はドライブラシでエッジを目立たせようと思います。
使用したのはタミヤのウェザリングマスターです。
ライトサンドを使ったと思います。

jm_ground200530s25a.jpg
ま、エナメル塗料を使っても良かったのですが、
よりお手軽に仕上げたかったのでタミヤさんのお世話になりました。笑

チッピング・・したくなっちゃうけどスケール的に難しい・・・
というか苦手なので今回は止めておきました。
スポンジチッピングもやり過ぎちゃうんですよね。

jm_ground200530s30.jpg
jm_ground200530s34.jpg
という訳で完成です。

いやいや、実際の完成から3週間遅れの完成です。
というか、次回は完成画像をアップする予定なので完成は
一か月遅れですね。笑

で、次はアッガイ作ってます。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

プロフィール

ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)

Author:ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)
大好きなガンプラを日々楽しく製作しています!
そろそろビギナーを卒業か?

HP作りたい方はこちら!

使いたい方はコメお願いします!
メールで差し上げますよ!!

Twitter

FOLLOWはお気軽に!

ガンプラおすすめ

ガンプラお薦めサイトです。
改造パーツ,模型用工具はココ!
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ガンプラ完成品投稿サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
上手い人はたくさんいますね~。

お父さんのお店!

お世話になりました!
ガンプラ通販 ストライク

ストライクは平成24年9月末をもちまして無期限休業となりました。リンク先の皆様にはサイトでのご紹介、バナーやリンクでご協力いただきましてありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム