FC2ブログ

■百錬、完成

こんばんは~。

この週末、行って参りました大阪へ。
目的は関西キャラクターモデラーズフェス・KCFの見学ですね。
最近は各地で模型の展示会がありますよね。
僕の自宅は愛知県なので大阪は少々遠かったので
作品も持たずに見学に行くのは悩みました・・。笑

結果的には行って良かった。
沢山の刺激的な作品を生で見れます。
作品を制作したモデラーさんと話せます。

やっぱり、イベントには足を運ばないとイカンですね。
来年は作品をもって参加したいと思いました!

という訳で今回は百錬の完成です。
hyakuren190406s030a.jpg
完成してから随分時間が経過しているので
いろいろ忘れていますが、書きながら思い出します。笑

hyakuren190406s012.jpg
制作中にも何度か書いていますが、
百錬はいつもよりも軽めに作る・・
具体的には手を抜ける工作はしないがテーマでした。

hyakuren190406s052.jpg
基本工作であるヤスリ掛けですが、かなりサボりました。
初めから最低限にしようと思っていましたが、
頭部、肩、ボディ、スネと接着の継ぎ目消しが多めで、
思惑とはうらはらにあまりサボった感はありません。

hyakuren190406s055.jpg
それでも、ヤスリ掛けしたパーツ以外はサフ一発です。
追加工作は何もしないがテーマでしたが、
結局凹モールドはタガネ彫り直し、
各所にプラチップを張り付けたりしています。

hyakuren190406s057.jpg
塗装は結果的に青いMSになりました。
実はランベンダーをイメージして少し紫に振りたかったのですが、
出来たカラーはこの色でした。笑

なるべく手を抜く、というテーマにもかかわらず
いつもよりもマスキング多めになっています。
肘と上腕の出っ張りのホワイト、フクラハギ裏の
スラスターなど結構頑張りました。

hyakuren190406s060.jpg
塗装のアクセントとしては、ナックルガードのイエローです。
ブルーの機体なのでイエローを足してみました。
それと、肩サイドの六角のパーツをメタリックに。
メタリックは背中のリアクター部分にも使用しています。
最近はメタリックカラーやイエローやオレンジを追加するのが楽しいです。

武器もマスキングをして塗り分けると見違えますね。
今回はライフルもソードも塗り分けしています。

hyakuren190406s069.jpg
それから、ウェザリングです。
存知の通り、次回にベースを作ったものも
アップしますが、この時点でのお話。

クレオスのウェザリングカラーで全体的にウォッシング。
あ、関節は割れやすいのでウォッシュしていません。

それからエナメルを筆で軽くドライブラシ兼チッピング。
これも薄いブルーとホワイト部分のみです。
濃いブルーの部分はチッピングが目立たないのでやりません。笑

シルバーを使えば目立つように出るかもしれませんが
目立てばいいもんじゃないと思うので他の方法を模索中です。

hyakuren190406s038a.jpg
最後にタミヤのウェザリングマスターでドライブラシ。
これが中々良いですね。

折角なので、追加工作について。
プラチップは首回りや背中のリアクター部分に。
リアのセンターアーマー裏にはプラバンでそれっぽく。
前腕部分にはスリットプラバンを張り付け、
コブシは武器が持てるように隙間があるので
プラバンで隙間を塞いでいます。

実は親指の付け根も地味にプラバンで形状変更しています。
工作が汚いのであまり見ないでください。笑

取りあえず、この時はこれで満足していました。笑

この後、ベースを作ってもうひと味追加することになりますが
それは次回にします。

次回は軽めの記事になりそうですね。
書くことないですから。笑










それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング
スポンサーサイト

■キューベルワーゲン、ウェザリング始めます

こんばんは~。

今週は雨が多かったですね。
気温が少し下がるのは良いのですが、雨はやっぱり嫌いです。
家から出たくなくなりますし、無駄にテンションが下がりますよね。

それでも模型工作は進めます。笑
kubelwagen_type82190413s01.jpg
キューベルワーゲンは今日からウェザリングです。
前回は基本塗装後にクリヤーまで吹きました。

今回は早速クレオスのウェザリングカラーで汚します。
ちなみに、今回は派手にチッピングをするつもりは無く、
自然な汚れをやってみようと思います。

kubelwagen_type82190413s02a.jpg
専用のソルベントで薄めたウェザリングカラーを面相筆で
適当に塗っていきます。
それから、各面ごとに薄めに塗装が出来たらすぐにソルベントを
含ませた別の面相筆で縦に伸ばしたり、拭きっとったりしました。

リアルかどうかは置いておきまして、自分好みになったら終了です。笑

しかし難しいですね。
下地のざらつき具合によってコントロールがしやすかったり
しにくかったりします。
僕はまだ丁度いいところがつかめていません。

ちなみに、今回は下地がキレイなのか、ウェザリングカラーが薄いのか
汚れを残しにくかったです。

kubelwagen_type82190413s08.jpg
で、フィギュア。
AFVはフィギュアがあるので段取りよく進みますね。
筆塗りだし、手が空いたらフィギュアが進みます。

kubelwagen_type82190413s09a.jpg
各フィギュアに肌色を塗っていきます。
使った塗料はガイアのEXフレッシュです。
全然発色していませんが、これを何度か続けます。

肌色の乾燥中に今度は服を塗っていきます。
使ったのはラッカーのカーキです。
こちらも薄めに塗っていきます。

当然ですが、薄めに塗らないと折角の下地のグラデが無駄になります。笑

kubelwagen_type82190414s14a.jpg
服の方はこの状態でも最終的にはそれなりに
見えるようになるので心配無用です。笑
色なんて少しついていれば何とかなります。

kubelwagen_type82190414s20a.jpg
これで肌色2回目ですね。
ラッカーの肌色が乾燥したらエナメルのダークアースで
影になる部分に塗料を置いていきます。

それから、同じくエナメルの肌色を塗って
何となく馴染ませていきます。

kubelwagen_type82190414s31.jpg
ちなみに、使用している筆はタミヤの黒です。
本当は白が欲しいけど、高いのでこれで我慢。
もう少し上手くなったらグレードアップするつもりです。

kubelwagen_type82190414s26a.jpg
ここからは何をしたのか覚えていませんが・・。
靴下や靴はラッカーで塗装しています。
肌色部分はエナメルで気の済むまで何度もカラーを重ねてます。
色を重ねる前提で薄めに重ねていくイメージです。

白目も塗装してありますが、かなり緊張します。笑
ま、はみ出てもこのサイズですから、手直ししても
それほど目立つことは無いと思います。笑

それでも、とにかく細かい塗装なので、僕はルーペ必須です。

参考ですが、フィギュアの塗装は主にユーチューブで勉強しましたので
興味のある方は検索をしてみると良いと思います。










それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■キューベルワーゲン、塗装とフィギュア作り

こんばんは~。

6月になりましたね。
今年も5か月経ってしまいました。笑
現時点で完成品はバルバトスの1体だけ。

少し制作ペースを上げていこうと思いますが、この先は梅雨と夏が待っています。
ま、こうして考えている時間が勿体ないので、取りあえず手を動かします。

今日はキューベルワーゲンです。
kubelwagen_type82190406s05.jpg
本体の塗装を進めています。
基本色のダークイエローに褪色をイメージして
白く調合したカラーをブラシでランダムに吹きました。

kubelwagen_type82190406s03.jpg
褪色をイメージしているので、なるべく日の当たる部分に
吹いてみました。
とは言うものの、物足りなくなくなって吹き過ぎるという・・。
折角の下地のグラデを残しつつ、白くなった部分を作る。
なかなか楽しい塗装です。

kubelwagen_type82190409s01.jpg
次のデカールを貼りました。
ナンバープレートのピンクはお遊びです。
あまりまじめに作っても面白くないので遊んでみました。

kubelwagen_type82190409s02.jpg
ガンプラのようにデカールをたくさん貼らなくていいので楽ですね。
AFVのキットを作って思うのは、デカールってたくさん貼らなくても
塗装で情報量は増やすことが出来る、という事ですね。

そういう意味ではデカールも塗装の一部だと感じます。

kubelwagen_type82190412s01a.jpg
それから、デカール保護でクリヤー塗装。
次のウェザリングに備えます。


kubelwagen_type82190411s01.jpg
で、空いた時間にフィギュアの塗装を始めます。
初めは敷居が高かったですが、やってみると楽しいです。

kubelwagen_type82190411s02.jpg
初めに黒サフを吹きます。
これはB&W塗装をイメージしていますのでまずは黒から。

kubelwagen_type82190411s03.jpg
前回の時はこの黒を残し過ぎて後の工程が
発色しなくて大変苦労した記憶が残っています。笑
原因自体は次の工程なので、この時点はしっかり黒く塗装します。
使ったのはガイヤの黒サフ、ブラシ塗装です。

kubelwagen_type82190411s06a.jpg
そして、クレオスのグレーサフをブラシ塗装。
前回の失敗を踏まえ、フィギュアの上から丁寧にサッと吹きました。
前回との違いは横からも吹いて黒い部分を意識的に
減らしたことです。
それでもいい感じに影になる部分に黒サフが残っていると思います。

この先の筆塗が楽しみな下地になりました。
やっぱり、1回目よりは2回目の方が上手く出来ますね。笑
自分の進歩が感じられる楽しい時間でした。

とは言っても、まだ下地塗装しただけですけどね。










それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

プロフィール

ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)

Author:ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)
大好きなガンプラを日々楽しく製作しています!
そろそろビギナーを卒業か?

HP作りたい方はこちら!

使いたい方はコメお願いします!
メールで差し上げますよ!!

Twitter

FOLLOWはお気軽に!

ガンプラおすすめ

ガンプラお薦めサイトです。
改造パーツ,模型用工具はココ!
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ガンプラ完成品投稿サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
上手い人はたくさんいますね~。

お父さんのお店!

お世話になりました!
ガンプラ通販 ストライク

ストライクは平成24年9月末をもちまして無期限休業となりました。リンク先の皆様にはサイトでのご紹介、バナーやリンクでご協力いただきましてありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム