FC2ブログ
■未分類

■模型が面倒に感じるので・・その8

こんばんは~。

模型が面倒と言い始めまして、”簡単”に作る、
というテーマで作り始めたこのバイクビネット。
気が付けば8回も制作記事を書いてますね。

ここまで来て感じるのは・・
ま、分かっていましたが始めが肝心、スタートすれば何とかなる、ですね。

模型に関して言えば、面倒・・と感じるのは年中です。笑
それでもブログが書けなくなるほど作らなったのは1回しか無い。

おそらく、面倒になるのタイミングでヤスリ掛けを
やめていることが多いと思います。
最近はスケールの戦車を簡単に作ったり、ですね。

ここまで書いてなんですが、
取り留めなくおちの無い文章を書きそうなのでそろそろ制作記かきます。

dkwnz350200202s18.jpg
今日はドラム缶作ります、です。
前回はビネットのベースが完成しましたが、
実際にバイクとフェンスを配置してい見ると・・・少々寂しい感じでした。
なので、バイクの反対側に何か置けないかな・・・
と考えましてストーリーが不自然ですがドラム缶にしました。笑

実は候補は他にもありまして・・
まずは水溜まりを考えましたが、ベースを作った後では後の祭り。
マテリアルも高いので断念。

次に考えたのは標識。
これもフェンスとの関係・・
フェンス内に外に向かって標識は無いですよね。
なので断念。

フェンスに張り紙でもしようかと思いました。
これはストーリー的には良い感じになりそうですが、
スペースを埋める目的から外れてしまう。

結局、僕の少ない選択肢ではドラム缶が楽しそう。
という事でドラム缶を作ります。

dkwnz350200209s01.jpg
これですね。
このドラム缶は以前作ったワーゲンのキットに付属していたもの。
要するにバイクと共に眠っていたものです。
加工は無しで、これを利用することにしました。
この状態で、すでにグレーで塗装してあります。

dkwnz350200209s02.jpg
汚していきます。
最近お気に入りのウェザリングカラーでウォッシング。
乾燥前に専用溶剤を付けた平筆で
縦に軽くこすって雨垂れっぽくしました。

dkwnz350200209s03.jpg
次は地面につかったウェアリングペーストで
ドラム缶の下部を汚します。
イメージは激しい雨と経年による泥はねといった感じ。

dkwnz350200209s04.jpg
次は地面でつかったパステル2色を塗っていきます。
粉の状態で刷毛塗りしたり、アクリル溶剤で溶いて塗ったり。
最後にウェザリングカラーでサビっぽいカラーを追加。

dkwnz350200209s05.jpg
仕上げにタミヤのウェザリングマスターも使いました。
ベースの地面と馴染みが良い感じになったので完成。

dkwnz350200209s06.jpg
ベースにセットして・・良い感じですね。
ドラム缶一つで一週間遊べました。
これぐらいスピードあると楽しですよね・・
変化もすぐに分かるし効果も同様。

いやー、ドラム缶制作は楽しかった。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング
スポンサーサイト



■模型が面倒に感じるので・・その7

こんばんは~。

相変わらずの寒さ、模型部屋で凍えています。笑
我が模型部屋はいわゆる家の中にある物置の
一角でして、もちろん物置にエアコンなんてものない訳で・・
小さなセラミックヒーターを頼りに模型を作っています。

最近は寒すぎて、深夜は無理ですね。
手先とつま先が冷たくなってしまって耐えられません。笑

そんな環境とはいえ、もちろん模型スペースが無いかたよりは
自分の方が恵まれていると思いますので感謝ですね。
もう少しまともな作品が作れるように頑張ります。

dkwnz350200128s03.jpg
そんな訳で、今日の制作記はバイクビネット。
ベースの制作から一応完成まで行こうと思います。
前回はベースの下地まで作ったところです。
使うつもりで用意したのはウェザリングペーストとパステル。

dkwnz350200128s04.jpg
前回の下地にウェザリングペーストを塗りました。
ペーストは割と硬めのマテリアルなのでウェザリングカラーの
薄め液を加えて筆塗りです。
ダマを作ったり、それなりに厚みもつけられます。

乾く前はこんな感じですが、乾くと本当に
土にしか見えません。

dkwnz350200128s05.jpg
とは言っても、影が出来るほど凹凸はつかないので
低い部分にウェザリングカラーのグランドブラウンを塗布。
地面って同じ色してないので違和感あっても大丈夫。
多分。笑

dkwnz350200128s06.jpg
今度は土の上に違う色の土をまく感じ。
ウェザリングパステルのダークブラウンを刷毛塗り。
完全に乾いたままバサバサと擦り付けます。

dkwnz350200128s07.jpg
さらにライトブラウンを同様に。
色が混ざるととても良い雰囲気になりますね。
というか、本当の地面ってどんな感じでしたっけ?

最近は土を眺める機会もないですから、
機会があればどんな色をしているのかじっくりと見てみたいですね。

dkwnz350200128s08.jpg
で、杭と有刺鉄線にもパステルを塗ってみました。
ベースのセットした時によく馴染みますように・・・。

dkwnz350200202s10.jpg
それから、プラ板で作った台座。
塗装に入ります。
まずは黒サフで塗りつぶしまして・・・

dkwnz350200202s11.jpg
グレーでグラデーション。
なんちゃってモジュレーションです。
いざやってみると面同士のつながりが難しいですね。
なかなか良い経験になりました。

dkwnz350200202s12.jpg
それからブルーでコート。
かなり薄めて下地が透き通るように調整してみました。
なので塗り重ねじゃなくてコート。
いっそクリアー系のコートの方がキレイかもです。
出来自体は70点ぐらいですが、とりあえず及第点。
次はもう少し上手くやろうと思います。

dkwnz350200202s14.jpg
これで当初の予定したビネットパーツは揃いました。
一回セットしてみてドラム缶をプラスするか検討します。

以上
今回はちょっと長くなりました。







それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■模型が面倒に感じるので・・その7

こんばんは~。

暖冬と言われていますが2月になって急に寒くなりましたね。
そう言えば、うちに近所では今シーズンの降雪無しじゃないかな。
ま、雪が降らないのは通勤などで大変な思いをしなくていい・・
という観点で個人的には良いと思います。

雪が降るのを心待ちにして、雪が降り始めると
毎週のようにスキーに通っていた時が懐かしいです。

dkwnz350200125s03.jpg
という訳で、今週はバイク作ってます。
正確にはバイクのビネットですね。

少し前に台座となるベースを作り始めましたが
その続きです。

ご覧の通り、ベースの合う大きさでプラバンを切り出し
こんな感じかな・・・なんてバイクをのせて並べています。
向かって左のポールはバリケードっぽいモノを想像。
その後ろには寂しいのでドラム缶を配置してみました。

dkwnz350200126s10.jpg
で、バリケードっぽいものですが、こんな感じになりました。
有刺鉄線の柵ですね。
ビネットにするときに途中でなくなる連続するもので、
ベースを横切るといいますか、そんモノが欲しかったのです。
柵はちょうど良かったのですが、普通に壁を作ると後ろは何も見えない。笑
なので、バイクを遮って横断するもの、かつ視界を遮らない・・
という条件でこうなりました。

特に再現したいシーンがある訳ではありませんが、
あまりリアルな戦争をイメージするものにはしたくないというがホンネです。

dkwnz350200125s01a.jpg
さっそく有刺鉄線を作成しました。
ネットで調べるとエッチングのパーツであるようですが
ここは依然見たモデルアート紙を参考に制作にチェレンジ。

購入したのは150円の銅線です。ホームセンタで一番細いもの。
それを2重にして適当にひねっていくだけの地道な作業。
トゲは別の銅線を先ほどのひねった銅線にそれらしく巻いていくだけ。
スケール的にはトゲが大きな感じですが、このサイズ感じゃないと
折角のトゲが目視困難になりますからね。
わざと目立つようなサイズにしました。

dkwnz350200126s11.jpg
ベースに乗せてみるとこういった感じです。

良いですね!笑

自分で作るとなんでもオッケー。

しかしこの人は誰に何を伝えているのでしょうか!
これから考えようと思います。

dkwnz350200126s07.jpg
一方の台座の方ですが・・・
整面して黒サフを吹きました。

塗装イメージは下地でグラデを掛けて
例によって薄めの塗装をかけて良い感じに仕上げたいと・・。
ウェザリングはするかどうかまだ決めていません。
出来上がりを見て決めようと思います。

dkwnz350200126s14a.jpg
プラバンのベースは土の地面にしないといけないのですが、
手持ちの材料はこのタミヤテクスチャーペイントのみ。
しかもコンクリートカラー。笑
ま、上から塗装できる泥系のマテリアルはたくさんあるので
何とかなるでしょう・・・
という事でカラーはコンクリートですが土っぽくデコレート。

こんな感じで楽しく進んでいきます。

ちなみにスレーヴも進んでますよ。










それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■模型が面倒に感じるので・・その6

こんばんは~。

仕事はじめから1週間、早いですね。笑

さっそくですが、昨年末にモチベ維持が出来ないことを理由に作り始めた
このバイクとフィギュア・・あれからもう6週間経ったのですね。

作り始めた時はサクッと終わらせてモチベを上げようと思っていたわけですが
結局ダラダラと作ってしまいました。
ま、制作スピードが遅かろうが作っている最中は僕自身楽しいわけで
これが僕のペースなんでしょう。
今年はこの調子で作っていこうと思います。

dkwnz350200112s04.jpg
で、制作記の方は一旦バイクに戻ります。
基本的な塗装後放置が続いていましたが、ウェザリングしました。

画像はウェザリング前の状態です。
何となくグラデを掛けてありましたのでこの状態でも
それなりにカッコいいなと思っていたのが手が止まった原因です。

dkwnz350200112s03.jpg
実はこのバイクはビネットにしたいと以前から書いていますが、
どのようなシーンにしたいのか決めてなかったんですね。
なので、ウェザリングと言っても使われている状態が
イメージできていないので手が進まないのです。

それから、お風呂等でいろいろ考えまして結論出ました。
フィギュアをブルーに塗装してしまったので何となく整備系・・
で行こうと思います。

このバイクは基地内で使っていて、使用状態は良。
つまり、あまり汚れていない・・という事にしました。

dkwnz350200112s09.jpg
選んだウェザリングカラーはグランドブラウンとサンディウォッシュ。
ド定番のメニューで軽く汚します。

取りあえず、グランドブラウンでウォッシュしてから
雨垂れをイメージして専用のソルベントで縦模様を付けました。

dkwnz350200112s11.jpg
ウォッシングの効果もあってトーンが落ちましたが
分良くは良くなったと思います。
普段はこういったグラデになるようにいろいろ考えて
塗装をしていましたが、無茶に余計なことしなくても良い感じになるものですね。

dkwnz350200112s12.jpg
それから、サンディウォッシュを筆ぬり。
先ほどのグランドブラウンの時も同じですが、塗装前に
専用ソルベントで薄めになるよう濃度調整をしています。

dkwnz350200112s14.jpg
薄めに調整をして、ほぼ塗ったまんまです。
場所によって砂が溜まりそうね部分は少し濃いめに。
二人乗りはほとんどしないので後ろのシートは砂が溜まり気味。

こんな感じでバイクは終了です。
次はベースの地面作りですね。

どんなシーンになるのか、もう少し具体的に考えてから
地面の制作をしようと思います!










それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■模型が面倒に感じるので・・その5

こんばんは~。

新年明けまして初めの更新です。
2020年が始まりましたね。
昨年は個人的にとても良い一年でしたので、今年も引き続き・・・
なんて調子に乗りそうでしたが、
去年を振り返ると、とにかく真面目にやってきたなと、
思いますので今年も昨年同様、ここはやはり謙虚に。
良い年だった去年に感謝しつつ、今年も真面目に行こうと思います。

模型ですが、ここ数年、新年一発めの記事で年間の完成目標などを
書いていましたが、今年は完成目標はやめます。笑

そんな訳で、完成品は減るかもしれませんが、
展示会やコンペには可能な限り出ようと思っています。
ご一緒する機会があったら、その時はよろしくお願いいたします!

で、工作記は相変わらず”模型が面倒”のフィギュア等・・。
dkwnz350200105s03.jpg
初めはこのフィギュアから。
この状態では特に変化は分かりませんが・・。
実はゴーグルが気になっておりまして・・。
無いんですよね、ベルトが・・・。
どうやって頭に固定されているのか、実に不自然でした。

dkwnz350200105s02.jpg
という訳で、作りました。
マシキングテープをマホガニーで塗装してカット。
セメダインの模型用接着剤で接着しました。
良い感じです。
一応、パーツが細かいのでピンセット必須ですね。
老眼の僕でギリギリ裸眼で行けました。笑

フィギュアこんなところで気が済みましたので
一旦終了ですね。

それから、ベースの制作。
dkwnz350200105s01.jpg
1ミリのプラバンで箱組していこうと思います。
キット自体が小さいのでベースも小さめに。
1辺が約50mmです。
あ、余談ですがウェーブさんのスライド定規、良いですよ。
僕レベルでも同じサイズの切り出しで精度上がります。

dkwnz350200105s04.jpg
それから接着。
接着はなるべく直角にしたいので僕は金属製の治具を使っています。
裏の接合部分には補強の為に切れ端プラチップを貼ってみました。

dkwnz350200105s05.jpg
大きさはこんな感じです。
バイクのウェザリングもしないといけませんね。

dkwnz350200105s06.jpg
接着の仕上げ?は瞬着です。
僕はプラバンのカット精度が低いのでプラバンの
接合面に隙間が出来たりします。
ま、プラ板カットで直角が出ていないという事ですね。笑

なので、隙間うめの目的もありまして、整形前に瞬着を使います。

dkwnz350200105s07.jpg
あとはひたすら整形、整面です。
僕の場合、プラバンの加工が一発でバチピタになることは無いので
基本的には整形ありきです。
とは言うものの、1ミリのプラバンを削るって結構大変。
なので、はじめは160でゴリゴリと削ります。

持ってないけど、よく削れる金属ヤスリでも良いかもしれないですね。

dkwnz350200105s08.jpg
160で大まかに段差を消したら320へ。
ここからはアルミ板にペーパーを貼った自作ヤスリで。
400まで進めました。

難しいな、と思うのはやはり強度ですね。
ベース制作ですら箱組の強度が無ければ
ヤスリ掛けぐらいのテンションでも壊れてしまうと思います。
なので、スクラッチする人ってスゴイと思います。
僕はベース制作が精一杯。笑

dkwnz350200105s11.jpg
で、サフを吹きました。

dkwnz350200105s13.jpg
瞬着を使ったにもかかわらず、隙間が。笑
サフの乾燥を待ってラッカーパテで隙間埋めしました。

dkwnz350200105s14.jpg
サフを吹いているのでヤスリ掛けは800で。
もちろん、パテを削った部分は400からやり直しです。

面倒だと言いながら、なんだかんだと面倒なことしてます。笑
やっぱり、作り始めると面白いんですよね。

dkwnz350200105s15.jpg
で、今日の最後はこのキット。
プカップ3に参加しますのでテーマに合わせたキット。
レギュレーションが足が3本以上とのことなので
これしか思い浮かびませんでした・・・。

ガンプラじゃなくて申し訳ない。
なので、このバイクがおわったら次は4本足の戦車?
プリンのプカップ@3rd SESSION | 模型・フィギュアSNS【MG】








それでは、また~。m(__ __)m










プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

プロフィール

ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)

Author:ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)
大好きなガンプラを日々楽しく製作しています!
そろそろビギナーを卒業か?

HP作りたい方はこちら!

使いたい方はコメお願いします!
メールで差し上げますよ!!

Twitter

FOLLOWはお気軽に!

ガンプラおすすめ

ガンプラお薦めサイトです。
改造パーツ,模型用工具はココ!
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ガンプラ完成品投稿サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
上手い人はたくさんいますね~。

お父さんのお店!

お世話になりました!
ガンプラ通販 ストライク

ストライクは平成24年9月末をもちまして無期限休業となりました。リンク先の皆様にはサイトでのご紹介、バナーやリンクでご協力いただきましてありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

QRコード

QRコード

参加します!

「プリンのプカップ@3rd SESSION」に参加します。
プリンのプカップ@3rd SESSION | 模型・フィギュアSNS【MG】
超ローカルネットコンペ、通称「プカップ」の第3回はモデラーズギャラリーで開催
みんなで楽しみましょう!

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム