FC2ブログ
■HG バルバトス.L.REX

■バルバトス ルプス レクス 胸の工作とか

こんばんは~。

寒いですね。
寒さが本格化して工作の時間は凍えています。笑

あまり寒いと手が悴んでくるんですよね。
何か暖房器具でも導入したいところですが、
模型は有機溶剤を結構使いますし、おまけに塗装もするので
暖房器具はかなり限られますね・・・。

ま、贅沢言わずにもうしばらく頑張ります。笑

barbatos lupus rex 181231s12
では、バルバトスです。
一応、ヤスリ掛けが終了しました。
今回はそこまでの工作記です。
ボチボチ工作もしていますので順に書いていきます。

barbatos lupus rex 181225s11
初めは胴体のパーツからヤスリ掛け。
このサイドのパーツはヤスリ掛けでシャープに削りました。

画像では上手く出来たように見えますが、少し失敗してます。
向かって右のパーツですが、尖った部分から次の逆に折り返す入隅の
エッジを上手く出せませんでした。
左右対称のパーツでどうしても手を動かしにくいといいますか、
視界が悪いのか、利き手の問題かヤスリを綺麗に動かせない訳です・・。
結果ダルくなってしまいましたが、このまま行きます。笑

barbatos lupus rex 181227s12
それからブルーのパーツ。
先ほどから比べるととてもイージー。
先端に向かって少し角度が変わっているので
その部分が綺麗にエッジが出ていればいいです。

barbatos lupus rex 181227s17
センター部分です。
ここも三角の頂点がシャープになるようにヤスリ掛け。
240と400で削っています。
モールドはもちろんタガネで彫り直しています。

barbatos lupus rex 181227s18
黄色のダクトは入隅線をタガネで彫り直しています。
凹みが深くなって影が綺麗につくとイイ感じです。
それから、襟のパーツも薄くシャープに削りこんでいます。

barbatos-lupus-rex-181231s02a.jpg
ヤスリ掛けの最後は頭部です。
ブレードアンテナはそれなりに削り込み。
断面を薄くシャープにしようと思いましたが、
このままでも気にならないので、この感じでOKとします。
フェイスは頬のガード部分を削ったり、といっても
少しシャープになった程度ですが、自己満足です。

barbatos-lupus-rex-181224s01a.jpg
そして、おまけの工作です。
先週の記事で書きましたが、今回はポーズを付けるつもりです。
その流れで、ポーズの検討をしているところ、
いろいろ気になる部分を出て参りまして。

その一部が肘の裏にある肉抜きです。
ちょっと気になったのでアルテ粉と瞬着で埋めました。
普段、僕はこの手の工作にエポパテを好んで使いますが
やっぱり硬化が待てないのと、アルテ粉が余っているとの理由で
今回はこの方法を試してみました。

使い慣れないせいもあって少々手間取りましたが
切削、整形まで含めて時間はとても速いです。
おそらく、この程度の大きさの穴埋めには
次回も利用することになると思います。

ま、いろいろ試してみるものですね。
勉強になりました。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング
スポンサーサイト

■バルバトス ルプス レクス 腕の追加工作

こんばんは~。

お正月休みもあっという間に終わってしまいましたね。

今年はどんな一年になるのやら。
僕のお仕事はすでに4日からスタート。

家族も・・と言っても息子たちなんですが、お陰様で大きく育ちまして
来年までは勝負のイベントが続く予定です。

私自身の役割は家庭の安定を保つ、といったところでしょうか。
かみさんや息子たちが好きなように過ごせるよう、お父さんがんばります。笑

という訳で、早速今年の目標。

今年も完成6体!で行きたいと思います。
おそらくですが、ガンプラの制作が増えそうな予感です。
もちろん、みなさん同様にガンプラは自宅にたくさん在庫がありますので・・
とにかく、たくさん作って、いろいろイベントに参加する一年にしたいです。

barbatos lupus rex 190102s06
早速ですが、バルバトスの現在はこんな感じです。
別の機会に書きますが、実は台座を作ろうと思っています。

プリンのプカップ@2nd JAM[MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ
そもそもプカップへのエントリーで制作していますので
折角の機会なのでいつもやらないことにチャレンジしようと思います。
とは言っても、大げさなものではなく、地面を作るつもりです。

ではバルバトスの制作記です。
barbatos lupus rex 181223s17
本日は腕の追加工作。
画像の動力パイプの部分を工作します。
最終的にはプラバンしいたけを仕込むつもりで進めます。
ま、精度も低くて下手ですが、個人の工作日記ですのでご勘弁を。笑

barbatos lupus rex 181223s19
まずは要らないモールドを削り落とします。
今回はほぼデザインナイフで削ってから240>400とヤスリ掛け。
これでプラ板しいたけを収めるスペースが確保できました。

barbatos lupus rex 181223s21
次はプラバン工作です。
今回は1ミリと0.5ミリのプラバンを使いました。
予定するサイズよりも少し大きく切り出してから、
部分的に瞬着で固定、整形します。
画像にはありませんが重ねたプラバンをハタガネを使って
固定してヤスリを当てています。

barbatos lupus rex 181223s22
整形を進めて自分自身の気が済んだら・・・笑
丁寧にプラバンを剥がしていきます。
出来たプラバンを1ミリと0.5ミリを交互に重ねて接着します。

barbatos lupus rex 181223s24
出来たものがこの状態です。
よく見ると綺麗にヤスリ掛けすら出来ていないですね。笑
ある意味、下手でもこれぐらいなら作ることが出来る、という事です。笑

barbatos lupus rex 181223s25
ちょっと物足りない感じだったので角をヤスリで削りました。
何となく、ヒートシンクに見えますね。

barbatos lupus rex 181223s26
こんな感じで腕に納まります。
そうですね、納まるスペースの長さと幅、高さはノギスがあれば
サイズを測れますので、長さと高さに合わせてプラバンを切り出し、
幅に合わせて1ミリと0.5ミリのプラバンを重ねだだけです。

barbatos lupus rex 181223s29
それと、実は昨年末にゴッドハンドさんのアメイジングカッターを
購入しておりまして、今回の工作はかなり手間が省けました。
ある意味、アメイジングカッターのお陰でこの工作になったという訳です。
やっぱり工具はあった方が良いですね。
ちょっとお高いですけど、とても便利です。


という訳で、新年一発目の更新はおしまい。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■バルバトス ルプス レクス 腕の工作

こんばんは~。

今年も残り一週間あまり。
ホントに時間が過ぎるのは早いですね。

とは言っても、一年を振り返るのは次週の更新にするとして、
ラスト一週間もしっかりと模型の時間を確保していきたいと思います。

まだバルバトスが完成してませんからね・・・。
ゆっくりするのは年が明けてから。

それではバルバトスです。
barbatos lupus rex 181216s25
今回は腕の工作。
しかし、立派な腕ですね。

barbatos lupus rex 181216s26
腕の工作スタートは肩パーツ。
丸いパーツなのでヤスリ掛けはペーパーを使いました。

barbatos lupus rex 181223s31
肩のアーマーです。
モールドが集中していて、彫り直しはかなり時間が掛かりました。
小さなパーツはとにかくパーツ保持が大変ですね。
パーツを削ったり、彫ったりするときにパーツをしっかりと保持することが
とても重要だと思い知りました。
かといって解決策が見つかった訳でもありません。笑

barbatos lupus rex 181223s32
上腕のパーツ。
こちらも小さなパーツですが、形状が四角いので保持は問題なし。
しっかりとヤスリを当てることが出来ました。
こういうパーツをしっかりと下地処理できると気持ちがいいです。

barbatos lupus rex 181222s03
それから大きな前腕パーツ。
形状はご覧の通りうねりがあって、突起やモールドが多い。
スポンジのヤスリやペーパーを使ってヤスリ掛けしました。
沢山あるモールドと入隅は全てタガネで彫り直しました。

barbatos lupus rex 181222s01
隠し腕のカバー。
このパーツは形状がシンプルでヤスリ掛けは楽でした。
モールドが多いパーツが多い中、すごく早く工作を完了できました。笑

barbatos lupus rex 181223s06
ここからはハンドパーツです。
手の甲もなかなかのボリューム。
しっかりとモールドや段差もあってカッコいいです。
ヤスリ掛けはペーパーを使いました。

barbatos lupus rex 181223s07
そして指です。
レクスの指は大きなツメが特徴なので少し鋭く削ろうと思います。

barbatos lupus rex 181223s09
ツメを削るためにヤスリを当てましたが、
ツメに施されたモールドが気になりました。
削るついでに削り落とせばいいのですが、モールドが微妙に深いので
瞬着で埋めしまってから削ることにしました。

barbatos lupus rex 181223s13
という訳でツメを尖らせました。
綺麗に出来たと思います。
使ったヤスリはヤスリスティックの240と400。
こういう作業は粗目で一気に削った方が良いですね。
速いしエッジもダルくなりにくいと思います。
仕上げはスポンジヤスリを使ってます。


結局、バルバトスは年内完成はあきらめました。
もっと簡単に、何ならヤスリ掛けも無しで作ろうかな、
とも思いましたが結局普通に作っています。

ま、趣味ですから。
仕事のように納期に追われて作るものではないですね。

僕は僕で自分の気が済むように作ります。笑








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■バルバトス ルプス レクス 腰の工作

こんばんは~。

今年も残り2週間。
バルバトスもせめてヤスリ掛けぐらいは終わらせたいと思っています。

とは言うものの、年末ですから・・・。
仕事もプライベートもお酒を飲む機会が増えていまして、
模型の時間は減るばかり。笑

出来るときにサボらない。

模型は趣味なので無理をする気はありませんが
やっぱり1体でも多く完成させたいですからね。

barbatos lupus rex 181211s01
という訳で、今週のバルバトスは腰の工作です。
この状態で色ごとにパーツが分かれていてカッコいいですね。
塗装は少しマスキングが必要なのかな・・と思います。

barbatos lupus rex 181211s02
早速分解しまして、ふんどしパーツです。
割と複雑なモールドを削り落とさないようにヤスリ掛け。
毎度の定番工作、モールド部分をタガネで彫り直しました。

barbatos lupus rex 181211s03
同じくフロントアーマー。
左右切り離しが定番工作だと思いますが、
僕は完成後にポーズを付けることがないのでこのまま行きます。

barbatos lupus rex 181216s05
腰の工作で一番面白かったサイドアーマーです。
この状態で左が加工済、右が未加工です。
それなりに工作の効果が感じられますよね。

barbatos lupus rex 181216s12
この画像が両方加工が終わったものです。
ヤスリ掛け後のタガネで彫り直しをした状態です。

詳しく書きますと・・
0.15で各入隅線と線のような細いモールドを彫り直し。
0.5で上面にある凹モールドを彫り直し。
1.2でダクト上の凹部分を彫り直し。
1.0でダクトの彫り直し。
といった感じです。

barbatos lupus rex 181216s13
今回は割ときれいに彫れたのでちょっと嬉しいです。
いつもはラインがガタついたり、深く彫った時に歪になったりと
散々なんですが、今回は力加減が良かったのか、
いつもより綺麗に出来ました。

あ、綺麗といってもあくまで自分基準で、ですよ。笑

barbatos lupus rex 181216s08
リアアーマーです。
形状がシンプルでモールドも少な目。
シンプルに工作終了。

barbatos lupus rex 181216s16
それから、フロントアーマーのダクトパーツ。
ここもヤスリ掛けして入隅をタガネで彫り直し。

barbatos lupus rex 181216s17
以上で腰の工作完了。
フレームは毎度のことですが、見えそうな部分だけヤスリ掛け。
ふんどしパーツの上面はヤスリ掛け忘れですね。汗

barbatos lupus rex 181216s18
後ろから。
こうやって工作を進めると雰囲気が少し変わってくるので
気持ちがいいですね。

barbatos lupus rex 181216s20
今回の工作で使ったタガネはこんな感じです。
よく使うタガネも限定的で定番化してます。

barbatos lupus rex 181215s27
最後に、タガネの研磨道具買いました。
ずっと欲しかったのでやっと購入です。
年末の休みに研ぎ直しをしようと思います。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■バルバトス ルプス レクス 脚の工作

こんばんは~。

寒さも本格化して寒くなりましたね。
そんな寒さの中、今週末は実に充実の時間を過ごしました。

まず土曜は久しぶりに大須つくろーぜ会に参加。
現在作っているバルバトスの工作を進めました。

それから、日曜の本日はガンダムNTを見てきました。
流石に、劇場でガンダムの新作を見るというのはテンションが上がります。
barbatos lupus rex 181209s28

そんなテンションが上がった状態でブログを書いてます。
早速、バルバトスの工作です。
barbatos lupus rex 181204s01
前回は足首までの工作が終了。
今回はスネから上の工作です。

まずは毎度のヤスリ掛けです。ご覧の通り、サイドの
凸モールドは削り落としました。

barbatos lupus rex 181204s02
使ったヤスリはヤスリスティックの240です。
割と簡単に削り落とすことが出来ました。

最近は工作のせいか、番号の小さいヤスリが重宝します。

barbatos lupus rex 181205s04
整面が終わったら次はタガネで彫り直し。
これも毎度の工作。

barbatos lupus rex 181205s07
使ったタガネは0.15、0.3、0.5です。
モールドがクッキリして良いですね。
実は今回からこの工程を少し変えまして・・・。
今までは彫りっぱなしでしたが、今回からは彫った部分を
少し面取りするつもりで0.5のタガネでなぞってみました。

barbatos lupus rex 181206s09
次に膝のダクトです。
ここもタガネで彫り直ししました。
この部分はモールドのみではただの段差にしか見えませんので
その段差部分を少し深く彫って立体的に見えるように面取りをしてみました。

初めてやってみたので仕上がりが汚いですね・・・。笑
きれいに彫れるようになるにはもっと練習するしかないです。

barbatos lupus rex 181206s10
スネのパーツに合わせるとこんな感じです。
流石に立体的には見えませんが・・・やった効果は感じられます。
十分ですね。笑

barbatos-lupus-rex-181208s21a.jpg
ここからはふくらはぎのパーツ。つくろーぜ会で工作しました。
サイド面に中途半端なモールドがあったのでヤスリで削り落としました。
それから、サイド断面部分もモールドがありましたが、
ヤスリを掛けたら無くなりました・・。
この部分は残すつもりでしたが・・仕方ないですね。

barbatos-lupus-rex-181208s25a.jpg
左上が使用したタガネの画像です。
右上が太もものパーツ。モールドをタガネで彫り直しています。
左下が足の外装終了。

今回フレーム部分は基本的にヤスリ掛けをしないつもりです。
あまり見えないし、ヤスリ掛けしてもあまり綺麗にならないですから。笑


そんな訳で今日はおしまい。








それでは、また~。m(__ __)m










プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

プロフィール

ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)

Author:ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)
大好きなガンプラを日々楽しく製作しています!
そろそろビギナーを卒業か?

HP作りたい方はこちら!

使いたい方はコメお願いします!
メールで差し上げますよ!!

Twitter

FOLLOWはお気軽に!

ガンプラおすすめ

ガンプラお薦めサイトです。
改造パーツ,模型用工具はココ!
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ガンプラ完成品投稿サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
上手い人はたくさんいますね~。

お父さんのお店!

お世話になりました!
ガンプラ通販 ストライク

ストライクは平成24年9月末をもちまして無期限休業となりました。リンク先の皆様にはサイトでのご紹介、バナーやリンクでご協力いただきましてありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

QRコード

QRコード

参加します!

「プリンのプカップ@2nd JAM」に参加します。
プリンのプカップ@2nd JAM[MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ
超ローカルネットコンペ、通称「プカップ」の第二回はモデラーズギャラリーで開催
レギュレーションは「しっぽ」
たったそれだけ!!

みんなでコンペを楽しみましょう!

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム