FC2ブログ
■HG バルバトス.L.REX

■バルバトス ルプス レクス おしまい。

こんばんは~。

長らく続きました、バルバトスの制作もついに最後になりました!
そもそも、昨年11月にバルバトスの制作はプカップ2への
参加作品として制作をスタート。
ついに完成となりましたが、なんだかんだでもう3月です。笑
barbatos-lupus-rex_190210s184.jpg

作品はすでにモデギャラさんのコンペページに公開されおりまして、
現在はコンペの結果が見れる状態です。
プリンのプカップ@2nd JAM[MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ
是非覗いてみてください!

それでは、バルバトスルプスレクス完成です。
barbatos lupus rex_190210s182
制作を振り返ると、まずコンペのテーマが”しっぽ”
でしたので、手持ちのキットからテーマにあったMSとして
テールブレイドを装備しているバルバトスを選びました。

barbatos lupus rex_190210s159
基本的な工作はいつも通り。
ヤスリ掛けをしてモールドはタガネで彫り直し。
ただ、コンペに参加することもあり、普段よりも丁寧に。

バルバトスは本体外装の各部に凸モールドがありまして、
このモールドが僕のイメージとは合わなかったので、
ヤスリ掛けついでにほとんど削り落としています。

その他、具体的には表面だけではなく、断面もキレイにするつもりで
ヤスリ掛けを行っています。

barbatos lupus rex_190210s013
追加の工作も少々行っています。
まずは腕の動力パイプ部分。
キットはパイプのモールドでしたが、綺麗に削り落として
プラバンで作ったパーツに置きかえしました。

barbatos lupus rex_190210s028
工作その2。
背面のバックパックにブースター的なパーツを左右に追加。
ブースター本体はコトブキヤさんのシリンダーパーツから制作。
バックパックとの接合はネオジム磁石です。

barbatos lupus rex_190210s026
工作その3。
足のかかと部分は裏側がスカスカだったので
プラバンでふたを制作して、エバグリのモールド入りプラバンを
使って少しだけメカっぽくしてみました。

barbatos lupus rex_190210s035
本体の工作の途中から、バルバトスはやっぱり汚したい・・・
と思いまして、折角なのでベースを作ってビネットにしてみようと
考えました。

barbatos lupus rex_190210s040
ビネットは良いのですが、何しろ作ったことがないので、
まずはポーズをどうしようか考えまして、画像検索。笑
見つけたのが鉄血の最終話のバトルシーン動画。
とにかく諦めない姿勢がカッコ良かったので、
そのシーンの再現を意識したつもりです。

barbatos lupus rex_190210s055
塗装も普段とは少々違いました。
やはりコンペ、という事なんでしょうか、いつもよりも
少し手間を掛けました。

まず、基本塗装は
白:ガイア ウォームホワイト
青:クレオス スージーブルー
黄:ガイア 橙黄色
赤:ガイア ブライトレッド
関節:クレオス グレーバイオレット
グレー:ガイア グレー2
黒:クレオス ミッドナイトブルー

サフはガイヤのエヴォグレーですが、
青と黄、赤の下地はピンクサフを吹いています。

下地のピンクサフは今回初めて使いましたが、
赤はともかく、黄や青もかなり影響がありますので
塗装しながら効果を楽しめました。

barbatos lupus rex_190210s062
塗装はマスキングで塗り分けもしました。
ふくらはぎや肩の装甲、サイドアーマーなどがそうです。
マスキングも普段はやりませんが、こうしてやってみると
効果が凄いので癖になりますね。笑

barbatos lupus rex_190210s108
塗分けについては、関節部分もエナメルで塗り分けしてます。
主には金とガンメタルを使っています。
グリーン部分はパークグリーン。
スミ入れはジャーマングレーで行っています。

腕や足の塗分けはエナメルのジャーマングレーをブラシ塗装して
乾燥後にエナメル溶剤で拭き取って塗分けしました。
ついでに装甲裏の塗装も同じく行っています。

barbatos lupus rex_190210s120
ウェザリングはクレオスのウェザリングカラーでフィルタリング。
それからエナメルのジャーマングレーでドライブラシ。
その後にクレオスのウェザリングカラーの
グランドブラウン、マルチブラックで軽くウォッシング。
最後はサンディウォッシュをベースとバランスをとしながら
ポイントごとに塗っています。

barbatos lupus rex_190210s006
メチャクチャ長文になりましたが、それだけ作る工程が
楽しくて記憶に載っているという事だと思います。

今回の制作はとても楽しかった!

ベースについては前回も書いていますので
詳細は製作記事をご覧ください。
ベース制作はこちら



以上でバルバトス ルプス レクスはおしまい。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング
スポンサーサイト

■バルバトス ルプス レクス とりあえず完成

こんばんは~。

花粉の季節ですね。
最近は暖かいばかりか、風も強めで普段よりも
かなり花粉が舞っているのでしょうか。
僕は例年通り、目がとてもかゆいです。
模型工作前には目薬が欠かせません。笑

それではバルバトス、完成してます。
barbatos lupus rex_190205s08


それから、前回もお知らせしましたが、このバルバトスは
プカップ2に参加しております。
プリンのプカップ@2nd JAM[MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ
僕以外にも多数のモデラーさんが時間をかけて制作した
作品が並んでいます。一度覗いていてみてください。

まず初めに、制作した台座との関係です。
barbatos-lupus-rex_190205s01a.jpg
台座とバルバトスには同じクレオスのウェザリングカラーで
ウェザリングを施しています。

完成した台座にバルバトスを下半身だけセットしてから
改めて雰囲気を合わせた感じです。

barbatos-lupus-rex_190205s05a.jpg
バルバトス自体は関節を固定とようと思いましたが、
何分初めてのビネット制作なので今回は関節の固定も
台座への固定も全く考えていませんでした。笑
次回はそこらへんの問題も考えた制作をしようと思います。

barbatos-lupus-rex_190205s17a.jpg
正面以外の画像です。
この後、デジイチで写真をとり直ししますので、
説明はその時にしようと思います。

実際はこの時にいろいろな角度から写真を撮って
どこから撮るとカッコ良く見えるのか、なんて
考えながら、たくさんシャッターボタンを押しました。

barbatos lupus rex_190205s14
割とカッコいいと思った角度です。
頭部の角度はいろいろ変えてみましたが、
初めの画像のように真下を見るよりも
どちらかに顔を傾けた方が視線の先を想像しやすいのかな、
なんて思いました。

結局、なにを伝えたいかによってポーズも変わる、という事ですね。
今回のビネット制作はとても良い経験になったと思います。

barbatos lupus rex_190205s42
後ろ姿もはじめの画像と少し変わっています。
顔の角度とともに、バルバトスの状態を示すときに
すごく大切だと思ったのがテールブレイドです。

ある意味ルプスの象徴なので、角度で感情を表せると思いました。
初めの画像よりも角度が立っているのはバルバトスの感情が
まだ終わっていないことを示しています。

そういう意味では、本体から離れている状態で、
攻撃態勢にしても良かったかもしれません。

barbatos lupus rex_190205s47
今日の最後はメイスです。
メイスも攻撃の道具ですので、この戦いが激しかったと
見る人に伝えることが出来ると思います。
相手を攻撃した際にできるキズ、飛び散るオイル、
爆発によってすすが付いたり、そもそも土や砂も付きます。
叩いて攻撃するメイスには塗料も付着するかもしれませんね。

実際はクレオスのフィルター3色をかけてからシルバーでチッピング。
それからウェザリングカラーのマルチブラックやステインブラウン。
最後はサンディウォッシュを塗りました。
メイスの塗装は本当に楽しかったです。


という訳で、今日はおしまい。
次回は撮り直した完成画像ですね。









それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■バルバトス ルプス レクス ベースの工作

こんばんは~。

ついに本日がMGで開催されます、プカップ2ndへの
作品投稿締め切りです。
私は無事に作品の投稿も終わりまして、公開を待つばかり。
プリンのプカップ@2nd JAM[MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ
ネットはもちろん、リアルでも展示会やコンペへの参加は久しぶりです。
エントリーも現在確認できているだけで25人。
公開後は参加作品をじっくり拝見させていただきますので
ご一緒のみなさま、よろしくお願いいたします。

それでは、バルバトスの制作記。
今回はバルバトスを飾るためのベース制作です。
barbatos lupus rex190202s02
前回お見せしました、ダイソーで購入したポリスチレンボードへ
デザインナイフでひび割れを作ります。
位置はバルバトスを想定するポーズにセット、
油性ペンでマーキングしてカットを進めました。

barbatos lupus rex190202s04
丁度こんな感じになります。
足は自重と衝撃で地面に少し沈んでいる状態をイメージ。
地面についた右手と左のメイス部分も少し割れた状態に
してみました。

barbatos lupus rex190202s07
足をどれぐらい地面へ沈みこませるか、
デザインナイフで簡単に調整できるので気の済むようにできます。

barbatos lupus rex190202s08
その後は塗装をしたいのでジェッソで目止めをします。
ポリスチレンフォームはそのままの状態では綺麗に
塗装することが難しいようで、こういった下地処理が
必要のようです。
ジェッソ自体は筆で簡単に塗ることが出来ます。

barbatos lupus rex190202s12
乾燥を待って、タミヤのテクスチャーペイントを筆塗り。
かなり固いペーストなので、そのまま筆で塗るのは難しかったです。
僕はアクリル用うすめ液を少し混ぜて筆塗りしました。
実際は塗るというよりも下地をトントンとたたく感じで
塗っていきました。

barbatos lupus rex190203s19
乾いた状態です。表面はなかなか硬いです。
何もしなくてもコンクリートに見えなくもないのですが、
一応、人工の地面なので表面を400番のペーパーで
軽くこすって平滑にしました。

barbatos lupus rex190203s21
これも基地っぽい雰囲気を出すためにラインを入れてみました。
ベースの外側にもこの景色が続いていくことをイメージしています。
ちょっと黄色が薄すぎますね。笑

barbatos lupus rex190203s23
ポリスチレンフォームの断面はそのままでは丸見えなので
水性アクリル塗料で黒く塗っておきました。
ラッカー塗料を使わなかったのはポリスチレンのベースが溶ける
可能性を心配したためです。

barbatos lupus rex190202s13
このベースに使う材料も同時に作ります。
100均で購入しました石膏です。
0.5のプラ板にゆっくり流しまして硬化させます。
石膏自体が中々の粘度なので1~2ミリぐらいでしょうか、
何もしなくてもプラ板からこぼれませんでした。
硬化したらプラ板ごと少し反らせれば石膏は割れて剥がれます。

barbatos lupus rex190203s24
石膏を砕いたものをベースに撒きます。
ちなみに、余った石膏が紙コップで硬化しまして
少し厚めの瓦礫も作ることが出来ました。笑
瓦礫の接着は木工用ボンドを水で溶いたものを使いました。
大きめの瓦礫はそのまま木工用ボンドで接着してます。

それと、ベースの方はクレオスのウェザリングカラーで
色付けをしています、
凹んだ部分やひび割れ部分はマルチブラック。
平面は変化を付けるためにマルチグレーを点々と。

barbatos lupus rex190203s29
瓦礫もウェザリングカラーで適当に色付けしました。
最後に、バルバトス本体に使ったサンディウォッシュを
点々と塗ってベースは完成です。




今回はほとんど模型の本体が登場しませんでしたね。




お時間があればプカップ2をご覧ください。
プリンのプカップ@2nd JAM[MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ
よろしくお願いします。




それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■バルバトス ルプス レクス ウェザリングとベース制作

こんばんは~。

2月も終わりですね。
忙しかった仕事も落ち着きつつありまして、
この週末は自由に過ごすことが出来ました。

模型でリフレッシュしながら僕は模型を作ることが好きなんだな、
と改めて思いました。
これでもう少し上手く作る事が出来れば・・申し分ないです。笑

barbatos lupus rex190129s01
そんな訳で、バルバトスです。
本体は一応完成しおりまして、次はウェザリングですね。
ウェザリング前に、今回はフィルタリングを試してみました。

おそらく、この後に汚してしまうので効果はあまり無いかも
しれませんが、とにかくやってみたくて・・やりました。

barbatos lupus rex190129s04
・・・あまり分からないですね。
これまでもフィルタリングをしたことはありましたが、
クレオスのカラーをそのまま塗っていましたから・・。
とにかく、モデグラに書いてあった通り、少し薄めて
フィルタリングをしたかった訳です。笑

結果的には画像では分かりませんが、効き目を感じられました。
自分なりに納得できたので、これで良しとします!

barbatos lupus rex190202s09
それから、次はドライブラシ、というかチッピングです。
クレオスのドライブラシ筆を使ってエナメルのチッピングです。
結果的にドライブラシのように使いまして、効果はご覧の通りです。

barbatos lupus rex190202s10
筆を掃ったり、叩いてみたりして、自分がイメージする感じに
なればOKです。
スケール的には見えないぐらいでちょうどいいかもしれませんね。
そういう意味ではこの状態はやり過ぎです。

barbatos lupus rex190202s11
チッピングは攻撃に使う部分は多めに、
そうでない部分は少な目にしました。
下半身は攻撃以外に地面に当たるので、チッピングは
少し多めにしています。


次に、ベースを作ります。

barbatos lupus rex190131s06
ダイソーで買いましたスチレンボード10mmです。
台座部分は同セリアで買った写真立て。
しかし、100均ってスゴイですね。

barbatos lupus rex190131s07
スチレンボードを写真立てに合わせて切り出し。
今回は10mmを使っていますが、5mmでも良いかも・・ですね。

barbatos lupus rex190131s08
イイ感じですね。
HGを立たせるには2Lは丁度いいサイズです。

barbatos lupus rex190201s11
イメージ的にはこんな感じですね。
この状態で足の位置や手の位置、メイスが刺さる場所をマーキングしています。
そうしないと、ベースの加工が出来ないですよね。
そうです、折角なのでただのコンクリートのベースではなく、
今回は地面を割ってみようと思っています。

ちなみに、この作り方はネットでいろいろ調べまして、
見たまま、そのまま真似させて頂いています。笑

特にこちらのサイトはとても参考になりました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。


ベースの制作は次回もう少し続きます。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■バルバトス ルプス レクス 本体は終了

こんばんは~。

今月20日ごろまでは、お仕事がとても忙しいです。笑
ま、忙しいと書いたところで、仕事が減るわけではないので
意味ないですね。

実は先週からとても忙しいのですが、
この週末は休みが取れまして、模型の時間を確保できました。
やっぱり模型はいいですね。
スッキリとリフレッシュすることが出来たと思います。

明日からも頑張りします。笑

という訳で、バルバトス。
barbatos lupus rex190128s03
塗装完了です。
デカール後の半ツヤでのコートも完了。
前回も書いたかもしれませんが、今回はウェザリングするので
デカールは少なめです。

barbatos lupus rex190128s02
今までの塗装と今回は少し違います。
一番はマスキングの多さですね。
基本的に僕はマスキングが苦手なので
1パーツでマスキングを2回するなんて考えられませんでしたが、
今回はなぜか、勢いで面倒なマスキングをすることが出来ました。

やっぱり塗装を頑張ると見栄えが良くなりますね。笑

barbatos lupus rex190128s13barbatos lupus rex190128s23
で、本体が完成。
まずはカッコいいですね。
各カラーもビン出しとは思えない見栄えです。
正確には、下地がピンクサフだったりするので今までとは
少々発色が違いますけど。

barbatos lupus rex190128s15
初めに書きますが、フェイスにスミ入れのエナメルが残っています・・。
写真を確認して気が付きまして・・・
この後、本体色を上塗りして手直ししています。

barbatos lupus rex190128s20
こうして見ると、いつもより塗分け多めです。笑
自分でいうのもなんですが、マスキングをした甲斐がありますね。
それから、関節部分のエナメル塗分けも利いていると思います。

とにかく、塗装に関してはこの時点で僕自身の中で何か変わりました。

barbatos lupus rex190128s17
工作自体はいつも通り丁寧に行っています。
行ってしまえば何時も通りなのですが、
やっぱり塗り分けしただけでかなり違いますね。笑

barbatos lupus rex190128s24
バルバトスは新しいキットなので
関節のパーツも動きそうな雰囲気があっていいですね。
シリンダーのようなディテや可動の仕組みが良くて
塗分けるととても見栄えが良くなりますね。
特にゴールドはとても効くと思います。

barbatos lupus rex190128s27
テールブレイドもしっかりと塗り分けしました。
しっかりとヤスリ掛けをして、手間を掛けて塗装すれば
カッコ良くなるのはある意味当然ですね。
もともとはガンダムの主役機なんですから。笑




という訳で、次回からはウェザリングとベース作りです。
汚すのは少々気が引けますが、頑張って汚します。笑









それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

プロフィール

ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)

Author:ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)
大好きなガンプラを日々楽しく製作しています!
そろそろビギナーを卒業か?

HP作りたい方はこちら!

使いたい方はコメお願いします!
メールで差し上げますよ!!

Twitter

FOLLOWはお気軽に!

ガンプラおすすめ

ガンプラお薦めサイトです。
改造パーツ,模型用工具はココ!
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ガンプラ完成品投稿サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
上手い人はたくさんいますね~。

お父さんのお店!

お世話になりました!
ガンプラ通販 ストライク

ストライクは平成24年9月末をもちまして無期限休業となりました。リンク先の皆様にはサイトでのご紹介、バナーやリンクでご協力いただきましてありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

QRコード

QRコード

参加します!

「プリンのプカップ@2nd JAM」に参加します。
プリンのプカップ@2nd JAM[MG]模型SNS|ガンプラ|プラモ
超ローカルネットコンペ、通称「プカップ」の第二回はモデラーズギャラリーで開催
レギュレーションは「しっぽ」
たったそれだけ!!

みんなでコンペを楽しみましょう!

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム