FC2ブログ
■1/35キューベルワーゲン

■キューベルワーゲン、完成

こんばんは~。

今週は台風通過もあって天気が悪かったですね。
それでも今日は綺麗に晴れてとても暑い。

天気も良いので朝から模型を始めようと部屋にこもりましたが
暑さに耐えきれず模型部屋から早々に離脱。
一応完成画像の撮影は完了。笑
kubelwagen_type82190601s040.jpg

そのあと、丁度いいタイミングだったので久しぶりに大須へ。
R2プラスの展示会見学に行って参りました。
IMG_1454.jpg
作品はどれもスゴイとしか言いようのないモノばかりですが、
最近ビネットに夢中の僕には学屋さんの作品は刺さります。
拝見するのは初めてではありませんが、見るたびに
僕の見どころが変わります。笑
今後も僕の気が済むまで作品展示をお願いします!

という訳で、工作が終了したキューベルワーゲンの
撮影をしましたのでご覧ください。
kubelwagen_type82190601s001a.jpg
今回の制作テーマは3つで制作を開始。
まずはウェザリング。
マテリアルの充実もあってとても楽しめます。

次にフィギュア塗装。
1/35スケールでフィギュア塗装はとても面白いです。
正直、簡単ではありませんが人に見えるようにする、
というのはとても楽しいです。

最後はビネットにする。
ガンプラを作ることも楽しいのですが、
折角なので作品の補助として必要かなと思うように
なりました。

kubelwagen_type82190601s011a.jpg
それでも、僕はガンプラがメインなので
こうしたスケールモデルを作ると少し遊びたくなります。
ナンバープレートはあり得ないピンクで塗装したのも
そういう理由です。

kubelwagen_type82190601s015a.jpg
そんなテーマで作りましたが
今回のビネットは登場人物が多いのですごく楽しかった。
それと、この人数だとそれぞれの絡みが想像できて面白いです。
自分自身が見ていて飽きないと言いますか・・。

kubelwagen_type82190601s020a.jpg
結果的にはフィギュアの配置をパッケージ通りに
並べましたが、良い感じでみんなが絡んで会話しているように
感じます。

kubelwagen_type82190601s038a.jpg
反省としては、メインが何なのか分らなくなったという事。
車なのかフィギュアなのか。笑
どっちでも良いのですが、もし戦車だとそれなりに大きいので
存在感が強くなると思いますのでフィギュアは目立たないのかな
なんて思ったりもします。
今度はフィギュアを戦車に絡めてみたいと思います。

kubelwagen_type82190601s033.jpg
で、今回頑張ったフィギュア。
このビネットではキーマン的な役割でしょうか。
みんなの視線が集中しています。

kubelwagen_type82190601s037.jpg
そして、僕の中の主役はこの帽子の将校らしき人。
なんでこの帽子をかぶっているのか不思議ですが
軍というのはこういうものなんでしょうね。
これが無いとこの人が偉い人って分かりませんから。

そんな訳でキューベルワーゲンはこれでおしまい。

毎度のことですが、楽しかった!笑

以上
次はガンプラ作ります。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング
スポンサーサイト



■キューベルワーゲン、ベース作り2

こんばんは~。

週末は天気も崩れることなく、塗装が進みました。笑
前回も書きましたが、リアルタイムに作っているのはMGジェガン。

ジェガンも完成まじかなのでキューベルワーゲンの制作記も
早めに終わっておこうと思いますが、今日を含めてあと2回かな。
取り急ぎ、キューベルワーゲンの制作記。

kubelwagen_type82190519s06.jpg
現在の工程はベース作り。
前回は地面を作りましたので、今回は草を生やそうと思います。
まずは細かい草・・・。何となく緑になれば良いのでしょうか。
近所の模型屋さんでジオラマの材料として販売している
草のような緑色の粉を買ってきました。

ベースへの接着はいつもの木工ボンドを水で溶いたものを使っています。

kubelwagen_type82190519s08.jpg
次はミニネイチャーの草を植えます。
こちらはセメダインのハイグレード模型用を使って接着しました。
しかしこのミニネイチャーはスゴイですね。リアルすぎます。

kubelwagen_type82190519s11.jpg
こんな感じで行こうと思います。
緑の面積を申し越し増やしても良いかな・・なんて思いましたが
折角のタイルっぽい地面が見えなくなるので止めました。
ミニネイチャーもそれなりのお値段ですので、たくさんは使えないですね。

kubelwagen_type82190519s12.jpg
こうして見ると結構リアルに見えます。
自画自賛になりますが、段差やカラーが良い味になってますね。
下手なりに完成が迫るとテンションが上がります。笑

kubelwagen_type82190519s15.jpg
ワーゲンの配置はこんな感じで行きます。
真っ直ぐの配置は淡白すぎると思いまして、配置は斜めに。
地面の草もこうして見ると車の下に入ると見えないので
こんな感じで丁度良いですね。

kubelwagen_type82190519s17.jpg
ここまでくると車のメンバーが話しているように感じますね。
工作を進めながら楽し時間が続きます。

kubelwagen_type82190522s05.jpg
途中でこういった遊び方もできます。笑
この時はワーゲン無くてもフィギュア2体で十分ビネットになるな、
なんて思いました。

kubelwagen_type82190520s01a.jpg
最終的なチェックしてます。
いろいろな角度から眺めて楽しんでいます。笑

kubelwagen_type82190520s15a.jpg
うん、満足です。
次回は完成写真で終了ですね。

後ろにジェガンが写ってますが気にしないでください。笑







それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■キューベルワーゲン、ベース作り

こんにちは~。笑

最近の週末は決まって天気が悪いですね。
折角の週末休みなのにジェガンの塗装がなかなか進みません。

しかし、天気が良くなってしまうとジェガンの塗装が進んで
キューベルワーゲンがブログ上で完成する前に次のジェガンが
完成してしまうかもしれません。笑

ま、とにかくキューベルワーゲンの工作記を続けます。
今日はベース作製の1回目。
kubelwagen_type82190514s07.jpg
構図はこんな感じでフラットに作る予定です。
ビネットもまだ経験がないので本体とフィギュア以外に
建物や木を配置するのは難しいのかな、なんてことで回避します。

単純に地面を作る、という事で行きます。

それから、右はしの彼は少し雰囲気が違うので
今回はこのタイミングで箱へしまう事にしました。
また違う機会に使ってあげようと思います。

kubelwagen_type82190518s10.jpg
では早速ベース作りです。
前回も書きましたが、ダイソーで買った5mmのスチレンボードに
同じくダイソーで購入したふわっと粘土を使用しました。
これは以前作った222のベース作製で使ったものの残りです。

粘土をボードに手で押しつつけながら均します。
あまり綺麗になるよりも雰囲気はいいと思いますがどうでしょうか。

均した後にタミヤの調色スティックでレンガっぽい模様を作ってみました。
この際地面としてリアルかどうかは少し置いておきましょう・・・。笑

kubelwagen_type82190518s11.jpg
乾燥を待ちつつ、スチレンボードのサイドにジェッソを塗って
目止めにしました。

同時に表面の塗装も開始。

kubelwagen_type82190518s12.jpg
地面の塗装はこの2色を使いました。
取りあえず、年度も良い色をしているので下地の茶色を生かしつつ
クレオスのウェザリングカラーを筆塗り。
初めははみだしを気にしないで目地を塗装。

kubelwagen_type82190518s13.jpg
それからタイル毎に少し色が変わるように、モザイクのようなイメージで色を置きました。
茶色を残して、なんて書きましたが結局塗ってますね。笑

これ以降も気の済むまで何度もいろいろなカラーで塗り重ねました。

kubelwagen_type82190519s01.jpg
それから、サイド面にアクリルのタイヤブラックを塗りまして・・。
サイドに黒が入ると不思議と表面が目立つ感じがしますね。
カラーも明るくといいますか、見やすくなる感じがします。

kubelwagen_type82190519s02.jpg
さらに、グランドブラウンでドライブラシ。
ここまでくると良い雰囲気になってきました。
フラットな感じからタイル面の凹凸が分かるようになって
とても表情が増す感じがします。

とは言っても、作品はキューベルワーゲンなので
地面は地面で控えめに行きたいですね。

次は草を生やします。笑


で、フィギュアも少し進んでいます。
というか書き忘れです。
kubelwagen_type82190518s16.jpg
さんざんいじり倒したせいで塗装の剥がれがありましたので修正。
それからマシンガンを接着してスリングも付けました。
このスリングは地味ですがとても雰囲気が変わります。
いやー、はじめは諦めましたがやってみるもんですね。
良い経験でした。

kubelwagen_type82190518s17.jpg
今日の最後はこのおじさんです。
今回は登場人物からもれましたので少し遊ぼうと思います。
興味本でタミヤのウェザリングマスターでグレーを塗ってみました。
制服のカラーとは違う色ですが、どうなるののかな・・なんて感じです。

結果がご覧の通りです。
見れないこともありませんが、ちょっと変ですね。
やっぱりこういう事は同色系の濃い、薄いでする方が良いようです。





最後は少し遊びましたが、今日かこれでおしまい。





それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■キューベルワーゲン、ベースの検討

こんばんは~。

週末、久しぶりに晴れましたね。
先週からずっと雨続きだったので、
やっとジェガンの塗装を始めることが出来ました。笑

あ、次はジェガン作りますよ。

そんな訳で、今日の記事はキューベルワーゲンなんですが、
丁度本体が完成したころにジェガンの制作を始めたのを
思い出しました。
kubelwagen_type82190423s38a.jpg
ワーゲンの本体はこれで完成ですね。
出来栄えはこの状態で十分満足しています。

で、運転手と偉い人を車に乗せてみました。

kubelwagen_type82190423s43.jpg
さらに後部座席の兵士もセット。
目線はこんな感じで前方の誰かと会話している設定です。
フィギュアも目線があっていい感じに出来ました。

kubelwagen_type82190423s46.jpg
それから、今日の本題であるベースの制作。
ベースの台はこのサイズで行こうと思います。

ちょっと小さいかもしれませんが、ベース作りに慣れていないので
あまり大きいサイズにすると車とフィギュア以外も何か作る必要が
出てくると予想できますので、車が載るギリギリのサイズ選択です。

kubelwagen_type82190512s01.jpg
流石に、ベースの木に模型を直接設置とは行きませんので
スチレンボードの5mmを加工してベースの木に張り付け、使うつもりです。

ですので、これ以降のベース制作はスチレンボードの加工
という事になります。

kubelwagen_type82190504s01a.jpg
それから、ベース制作から少し脱線です。
実はフィギュアの小物を全く作っていませんでした。笑
装備はともかく、丸腰という訳には行きませんので
この段階で武器の塗装をしました。

そういう意味ではフィギュアの完成はまだまだ先ですね。

kubelwagen_type82190512s03.jpg
そうこうしている間に武器の塗装が完了。
それぞれのフィギュアに接着しました。

・・・このままでも問題ないと思っていましたが、
やはり接着だけでは雰囲気が出ませんね。
やっぱりスリングを何とかしないと駄目ですね。

kubelwagen_type82190514s04.jpg
今日の最後はフィギュアと車の配置確認ですね。
こんな感じで配置を考えています。
主役は偉い人と指差しするする兵士の会話ですね。
二人の距離と角度で少し雰囲気が変わる気がします。

その他のフィギュアも視線を変えると
会話に入っているのか、別の会話をしているのか
調整出来てなかなか面白いです。



もう少し遊んでからベース制作に戻ります。







それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■キューベルワーゲン、ウェザリングその2

こんばんは~。

最近、雨が続きますね。
ブログよりも少し工作が進んでいるツイッターでは
ジェガンを作っているのですが、実は塗装が進みません。笑

昨年の作業環境改善から、模型の作業スペースは
後片付けが要らない環境になり、塗装もいつでも出来るという
非常に恵まれた環境ではあるものの・・・エアコンがありません。

以前はリビングの片隅で塗装が出来ましたので
不自由とはいえ、少ない塗装のタイミングが雨天でも
エアコンを使えば全く問題なかったわけで・・・。

そんな訳で、現在は手待ち状態なのであります。笑

kubelwagen_type82190414s33.jpg
そんな中、手待ち時間を利用しまして、
エアブラシのニードルパッキンを交換しました。
ウチのWAはかれこれ10年以上前に買ったものなのですが、
非常に長く頑張ってくれていました。

そんなこともあり、少し前に一度分解洗浄を試みたことがありまして。
その時にこのねじを締めすぎてしまったんですね。
そうしたら見事にパッキンが潰れたみたいで・・・
以降ニードルの動きがとても重くなってしまいました。

kubelwagen_type82190414s32.jpg
そんな訳で、今回は新品に交換。
今回は締めすぎに注意して無事パッキンの交換は終了。
ニードルの動きもとてもスムーズに戻りました。

いやいや、今回の余談は長くなりましたね・・・。

kubelwagen_type82190414s41.jpg
では本題のキューベルワーゲン。
本体のウェザリングとフィギュアの塗装の続きです。

kubelwagen_type82190416s04a.jpg
フィギュアの方は前回からラッカーでの基本塗装を終了しまして
エナメルを使っての影とかハイライトなど、塗分けの塗装をしています。
画像は黒目を入れた状態ですね。
なかなか緊張しますが、ルーペさえあればなんとかなります。笑

kubelwagen_type82190416s10.jpg
それから、マテリアルはタミヤさんのウェザリングマスターや
ガンダムマーカーも使います。

ガンダムマーカーは意外に使いやすいですね。
消しペンがあるので失敗を気にしないでどんどん使えます。
筆のように塗料の濃度とかシビアな面もないのが特徴ですね。

kubelwagen_type82190416s14a.jpg
だいぶ進みました。
制服部分はウェザリングマスターでドライブラシ。
付属のブラシで軽くこするだけでイイ感じになります。
・・・以前よりはマシに仕上がっていると思いますが・・。
いかがでしょうか。笑

kubelwagen_type82190419s25a.jpg
同時に本体も進めています。
こちらも一旦ウォッシングと言いますか、
雨垂れを表現した後、一旦つや消しを吹きました。
さらにウェザリングマスターでドライブラシ。
軽めにサンドカラーを付属の刷毛で。

kubelwagen_type82190423s28a.jpg
先ほどの写真で一旦は満足したのですが・・・
やっぱり物足りない感じがしたのでさらにウェザリングマスターで
しつこくドライブラシ。

作業中はあまり変化を感じられませんが、
やはりやった分だけカラーは乗りますね。
良い雰囲気が出たと自己満足しております。

kubelwagen_type82190423s33a.jpg
最後は魔法の液体、クレオスのサンディウォッシュ。
タイヤや砂をかぶりそうな部分に適当に塗っていきます。
あまり深く考えなくても、ビンのまま筆塗りすればこの通り。
綺麗に砂埃が乗ります。個人的には大満足です。笑

という訳で今回はおしまい。



とにかく雨が止んでほしいです。


雨が止まなかったら、何かパチ組始めます。











それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

プロフィール

ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)

Author:ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)
大好きなガンプラを日々楽しく製作しています!
そろそろビギナーを卒業か?

HP作りたい方はこちら!

使いたい方はコメお願いします!
メールで差し上げますよ!!

Twitter

FOLLOWはお気軽に!

ガンプラおすすめ

ガンプラお薦めサイトです。
改造パーツ,模型用工具はココ!
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ガンプラ完成品投稿サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
上手い人はたくさんいますね~。

お父さんのお店!

お世話になりました!
ガンプラ通販 ストライク

ストライクは平成24年9月末をもちまして無期限休業となりました。リンク先の皆様にはサイトでのご紹介、バナーやリンクでご協力いただきましてありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム