FC2ブログ
■MG ジェガン

■ジェガン、ベース完成

こんばんは~。

11月に入って少し寒くなりましたね。

気温が下がると出かける機会も少しは減るかな、
なんて考えていますが、どうもそうはいかないようで・・。

次の週末はまたお仕事なのでブログの更新はお休みです。笑

しかもジェガンの完成以降、あまり模型を作っていないんですよね。
ま、出かけるのは楽しいので仕方ないですね。

それでは、ジェガンです。
jegan191027s022a.jpg
ジェガンを展示するベースの制作ですが、
今回は塗装をして完成まで。

jegan191006s01a.jpg
画像が多いのでまとめて行きます。笑
サフはガイアのエヴォブラックです。
今回のベース塗装ではグラデからケープはがし!に
チャレンジするつもりですので下地はブラックにしました。

jegan191006s06a.jpg
サフからまずはケープをスプレーのまま吹きました。
ネットでいろいろ拝見させていただきましたが、
ブラシで吹かなくても行けそうだったので、そのまま行きました。

ケープの乾燥を待って水性カラーでグラデ塗装。
水性カラーのブラシ塗装って初めてしましたが、
ラッカーと比較して隠蔽力低いですね。

最近はグラデの下地を作ってから下地が透けるぐらい
薄くブラシを吹く、がテーマだったのですが、この
水性塗料の特徴を知っていたら、はじめから使ってと
思います。

今回のケープ塗装はともかく、いろいろ使うって大切ですね。

jegan191006s13a.jpg
あ、すでに塗膜を剥がしていますね。
ケープを吹いて、乾いたら水性塗料を薄めに吹いて、
乾いたら水で濡らした筆で塗膜を湿らせていくと塗膜が剥がれます。

・・・というか、思った以上に大きく剥がれました。笑

乾燥については指触乾燥程度なのでそれもダメだったと思います。
もうすこししっかりと乾燥した方が良いみたいです。

それから、2回目のはがしにチェレンジすべく、
さらにケープを吹きまして、今度は少し明るめにした塗料を
吹いていきます。

jegan191006s20a.jpg
で、2回目ですが乾燥時間は前回と同じ程度。
塗料は集めに吹いているので剥がれ方はどう変わるのかなと・・。

少々控えめに塗膜が剥がれたように見えますが、
実際は僕の筆使いが変わっただけ、のような気もします。笑

剥がしについては筆以外に爪楊枝もつかってみました。
良い感じに塗膜が剥がれます。

ただ、調べた情報では厚く塗膜を作ると剥がれにくい、
と書いてあったのでもう少し検証していこうと思います。
もちろん次回以降で・・。

jegan191006s26a.jpg
で、一応ケープはがしについては気が済んだので
一旦ラッカーのクリアーでコートをしてスミ入れと
軽くウェザリングしました。

センターのレールには別パーツで塗分けたパーツをセット。
ゴールドっぽい感じにして少し目立つように。
ま、あくまでベースはわき役なのでこれぐらいにしておきます。

jegan191027s012a.jpg
で、ジェガンを乗せて撮影してみました。

展示会とかだとこんな感じの角度でしょうか。
デスクにただ直立しているよりはマシかと思われます。笑

jegan191027s031.jpg
少し寄ってみました・・。
全体的には満足なのですが、こうして見ると
首回りをなんで塗分けしていないのかな・・・
なんて気になります。

jegan191027s048a.jpg
最後はシールドをセット・・と言いますか、置きました。
ベース制作はプラ板100%なので作った本人は
とても満足度高いです。笑

簡単な工作ですが、振り返るとやはり道具の力は絶大ですね。
それから、塗料の特徴についてもいい経験になりました。
おそらく、次回戦車を作るときは間違いなく水性塗料を使います。

そんあわけで、ジェガンはこれで終了。
はたしてこの子を展示する機会が来るのは
いつになるのでしょうか。笑









それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング
スポンサーサイト



■ジェガン、ベース作り

こんばんは~。

先週はお仕事で休んで2週間ぶりのブログ更新。

10月に入って仕事も忙しくなってきました・・。
特に週末に用事が入ることも増えてきたので模型の時間も
減りそうな感じです。

ツイッター等では展示会の盛況な様子が流れてきますが、
僕は全く蚊帳の外。笑
ま、参加する・しないを決めるのは僕次第なので
その時のモチベによっては展示会参加することもあるかもしれません。

ただ、しばらくは無理そうなのでブログとツイッター頑張ります。笑

jegan191027s05.jpg
という訳で、今回からはジェガンのベース作りです。
冒頭の展示会に参加できないと宣言しておきながら、
展示するために台座を作るという・・・矛盾した企画。
上の画像は完成した状態です。

で、作った手順を追っていきます。
jegan190815s02a.jpg
まずは1ミリのプラバンを切り出して箱組み。
ゴッドハンドさんのアメイジングカッターと
ウェーブさんのスライド定規が大活躍です。

この工具が無かったら展示ベースをプラバンで
作るなんて思わなかったと思います。
デザインナイフで切ることを考えたら精度向上と
かなりのスピードアップになります。

jegan190824s09a.jpg
箱組ができたので次は表面のディティール追加。
参考にしたのはユニコーンガンダムで登場した
シュツルムガルスとジェガンのバトルシーン。

真ん中のレールは思い付きで追加しました。

jegan190824s12.jpg
ジェガンを乗せるとこんな感じです。
大きさ自体は200×150です。
初めはタテに使う案もありましたが、ヨコの方が
使いやすそうだったのでヨコにしました。

タテに配置するとジェガン本体以外に
なにかを配置しないと間が持たない気がしたので回避です。

jegan190831s01a.jpg
ウェーブさんのスライド定規で切り出したプラバンを
ベース前面へ張り付けていきます。
思えば、この定規を使ったプラ板カットは
スクラッチビルドマニュアル(岬光彰さん)で見かけたものですね。

話それますが・・
この本、スクラッチビルドマニュアル1と2があるのですが、
引越しの時に2を失くしてしまいました・・。
絶対に買うので再販してほしいです。

jegan190928s03.jpg
それからプラ棒で少々ディティールを追加。
上面にはパネルラインをタガネの0.15でスジボリ。

プラバン工作行って難しいですね。
それなりに頑張ってやってみたものの、
とにかく、やみくもにディティールを追加しても
立体的にしないと見栄えが悪いんです。笑

何と言いますか、0.5厚ではのっぺりして目立たないと言いますか・・。
ま、塗装が上手ければ目立たせることは可能かもしれませんが
僕は工作をしながらとても不安でした。

結論的には0.5より1.0、高さって大切ということですね。笑


次回は塗装をがんばります。









それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■ジェガン、完成

こんばんは~。

10月も中盤、気が付けばすぐに年末・・。
時間が経つのは早いですね。

今年も年始はとても良いペースで模型製作していましたが
最近はすっかりペースダウンです。

ここ最近はツイッターでコンテストや展示会の話題が目白押しで、
ノリで一応GBWCに参加はしてみたものの、その時に作っている完成品を
応募しているだけでは楽しめる訳もなく、結果に一喜一憂することなく
人知れず何となく終わっていくという。笑

ちなみに、そのGBWC参加作品はこのジェガンです。
jegan190728s054.jpg
今回は完成記事という事で毎度のことですが
制作を振り返りながら画像をアップしていきます。

その前に・・・
jegan190723s17a.jpg
前回書きましたが、もう一味足りない・・・
という事でサンディウォッシュで砂汚れを追加しました。

jegan190723s21a.jpg
前回のように派手に塗るという事ではなく、
面相筆で砂汚れが付きそうな部分に
ペタペタと塗っていきました。
基本的には水平面にピンポイントで塗っていく感じです。

jegan190728s063.jpg
後ろ姿。
バーニアが結構ありますのでカラーでメリハリがつくと
カッコいいですね。
濃い目のブルーにはイエローが映えます。

jegan190728s044.jpg
バストアップ。というかフェイスですね。
ここまで寄るとバイザーの中を塗り分けていないのが分かります。笑
軽くスミ入れしていれば随分違ったかもしれません。
メインのモノアイにはハイキューさんのメタリックシールが貼ってあります。

jegan190728s024.jpg
自画自賛ですが、バックパックは良い感じで汚れていますね。笑
狙った褪色の感じに出来たと思います。
jegan190728s069.jpg
それから、今回のテーマである濃い目のメインカラーで
ウェザリングを目立たたせることも出来たと思います。

jegan190728s048.jpg
胸はウェザリングが多めです。
汚れやすい部分なのかは置いておきまして、
顔に次いで目立つと思いますのでグラデ塗装や
ウェザリングも一通り行っています。
赤い搭乗口のハッチも良い感じに馴染んでいると思います。

jegan190728s049.jpg
腰も同じくウェザリング多めです。
こうして見ると、もっとディティール多めにしたいですね。
股関節が貧弱に見えるので次回の課題にしようと思います。

jegan190728s021a.jpg
各部のウェザリングです。
基本濃いブルーと薄いブルー2色のグラデ塗装。
そこからタミヤのスミ入れ塗料ライトグレイでウォッシング。
さらにクレオスのステインブラウンで垂れ汚れ、
最後はサンディウォッシュです。

jegan190728s036a.jpg
それから、タミヤのウェザリングマスターも使っています。
特にパーツのエッジ部分にサンド系のカラーを擦り付け。
良い感じで汚れがボケてくれます。

jegan190728s073.jpg
それから、今回気を付けたのはデカールの段差。
前回にウェザリングを重ねていくとデカールの輪郭が
出てしまいましたので、今回はクリアを重ねながら段差を消しました。

このシールド、とても気に入りの仕上がりです。笑
デカールの段差、ウェザリングに耐えてます。
とても勉強になりました。





という訳でジェガンはおしまい。
来週はお仕事都合でブログ更新お休みです。笑





それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■ジェガン、ウェザリング

こんばんは~。

10月に入って昼間もすごし易くなりましたね。
今日は久しぶりに長時間模型に集中しました。笑
いやー、涼しいって良いですね。
お陰様でしっかり集中できました。

それから、折角模型のモチベが上がってきたのですが
10月は仕事も少し忙しくなります。
年内完成6体は少し難しくなりそうです。

という訳でジェガンです。
jegan190720s26a.jpg
今日はマスキング塗装からのウェザリングです。
画像は肩のケーブル?とバルカンの砲身を
エナメルで筆塗した画像です。
ちょっとした事ですが見た目の効果は大きいと思います。

jegan190720s33.jpg
一応、これですべてのパーツの基本塗装が完了です。
いつもの事ですが、この状態で完成にして終わりにしたい・・
なんて思います。
この状態からわざわざ手間を掛けて汚さなくても・・笑

jegan190721s38.jpg
で、組立て前にウォッシングをします。
使うのはタミヤのスミ入れ塗料グレー。
選択の理由は宇宙汚れって雨じゃないよね・・・
土はあるけど茶色じゃなくてグレーなイメージ。
なのでこのカラーで汚すことにしました。

jegan190721s39a.jpg
スミ入れ塗料を少々薄めてウォッシング。
どこにでも紹介されているように、重力に沿って雑に筆塗り。
半乾きの状態でエナメルシンナーを付けた平筆で軽くふき取りつつ
タテの線を残していきます。

jegan190722s03a.jpg
乾燥を待ってから今度はクレオスのウェザリングカラー。
ステインブラウンで錆ダレっぽい表現をしました。
コチラも面相筆で点付けしたウェザリングカラーを
専用のソルベントを付けた筆を使って下に伸ばしています。
筆に残るソルベントの調整とタッチが肝だと思います。

jegan190722s05a.jpg
ステインブラウンの選択理由は本体のカラーがブルー
なのでスミ入れ同様、少し赤いカラーにしたかったからです。
こげ茶では目立ちませんので・・・という模型的理由です。笑
こうして見るとグレーのウォッシングとも合いますね。

jegan190723s03.jpg
で、完成?
一旦組んでみましたが、もう一味足りない感じでしょうか。
でもカッコいい。
このカラーにして良かった。

そもそも今回は濃い色の機体で分かりやすいウェザリングをする、
がテーマだったのでとても満足。
でも、もう一味足したい。

jegan190723s05a.jpg
うん、やっぱり砂埃があった方が自然で良いですね。
ここまで汚れた機体の水平面に何も積もってないのは
おかしいので、この後サンディウォッシュ追加します。笑

ウェザリングもやり始めるまではテンションが上がりませんが
いざ始めてしまうと止まりません。
楽しいです。








それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

■ジェガン、マスキング塗装とか

こんばんは~。

9月も終盤、朝晩は涼しくなりましたね。
すごし易くなったせいもあって、下がり気味だった
模型モチベも少しづつ回復してきました。

毎年の事ですが、夏の暑さは耐えられないですね。笑
年齢も気が付けば48ですから・・・。
体力的にも夏はちょっと休憩がいいのかな。

そんな訳でジェガンです。
jegan190720s01.jpg
基本的な塗装は終了しまして、組立てしました。
ここまでくると完成目前でテンションが上がります。

jegan190720s02a.jpg
各部の状態です。
こうして見ると、やはりグラデが少々雑ですね。
カラー的には2色でグラデを掛けているせいもあって
カラーのつながりが不自然に感じます。

jegan190720s07a.jpg
うん、やっぱりグラデの感じをもう少し自然にしたいので
次回は最低3色でグラデを掛けようと思います。
バルカンはこれから塗分けですね。

jegan190720s11.jpg
ライフルとバーニアの塗装も完了。
このライフルのカラーはすごく気に入っています。

jegan190720s15a.jpg
さらにマスキング塗装です。
これはシールド裏ですね。
シルバー部分は銀サフベースの少し赤みを足したもの。
クリアーを吹いてからブルーグレーでマスキング塗装です。
この銀サフ、チタンっぽくてお気に入り。フレームもこのカラーで塗装しています。

jegan190720s17a.jpg
それから、バックパックとバルカンポットのマスキング。
バックパックの丸いマスキングはハイキューパーツさんの
円形マスキングテープを使って簡単マスキング。
この商品を一度使ってみたくてこの部分をマスキングしました。笑

バルカンはホント雑にマスキング。
それでも結果がこの状態なら問題なしですね。笑
上手く塗り分けすることが出来ました。
これからバルカンの方針をエナメルで筆塗します。




今週はこれでおしまい。





それでは、また~。m(__ __)m











プラモ・模型ブログランキングモデ・ギャラのブログランキング

プロフィール

ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)

Author:ガンプラ好きなお父さん(ガン父さん)
大好きなガンプラを日々楽しく製作しています!
そろそろビギナーを卒業か?

HP作りたい方はこちら!

使いたい方はコメお願いします!
メールで差し上げますよ!!

Twitter

FOLLOWはお気軽に!

ガンプラおすすめ

ガンプラお薦めサイトです。
改造パーツ,模型用工具はココ!
ガンプラ用金属パーツ・アルミバーニア他模型サプライの専門ショップ [ G PARTS ]
ガンプラ完成品投稿サイト
プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】
上手い人はたくさんいますね~。

お父さんのお店!

お世話になりました!
ガンプラ通販 ストライク

ストライクは平成24年9月末をもちまして無期限休業となりました。リンク先の皆様にはサイトでのご紹介、バナーやリンクでご協力いただきましてありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

QRコード

QRコード

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム